Blog

服の命を吹き込む

プレス真島茜ですฅ^・ω・^ ฅ

はい!前回もお伝えしましたが全くのファッション素人の私がプレスとういうことでその感じそのままにお届けするブログです。

ゆっくりマイペースでしかし着実に進んでいます。


前回のブログではTwin angeのお洋服はこうやって作って売っているのだ!という流れを簡単にまとめさせてもらいましたね。

ではまず前回書いた作り方箇条書きをもう一度見てね。


<作り方>

1.デザイン画を描く

2.パターンを作る

3.サンプルを製作する

4.撮影する

5.展示会をして受注する

6.生産をする

7.皆様の元にお届けする


前回はパータンを作ってトワルチェックまで完了したところでしたね。

次の段階に進みましょう。


<3.サンプルを製作する>

とうとう絵が実際に服になるんです。

トワルでカタチは見えていますがトワルが白いキャンバスだとしたらそこに色を乗せて服としての命を吹き込む作業がサンプル製作です。

トワルチェック後いきなり生産!ではないんですよ。

パターン→トワル→サンプル→生産という順序で進んでいきます。

サンプルは広告や展示会のビジュアルを作るために撮影用として必要ですし、実際に着てみて使用することによって修正点が出てくる事も想定しているわけです。

もちろん修正点がないのがベストで、そのためにトワルチェックがあるわけです。

しかしもしも修正点が出たら場合によってはパターンを修正したり素材を選び直したり。。

そうなんです!Twin angeは妥協せずに良い製品を作っていきます!


サンプル製作にあたって非常に重要なのは生地やボタン等の素材選びです。

着心地はもちろん、着やすさ洗濯しやすさ等の使い心地にも関わることなのでしっかりと選びます。

あまり特殊な素材を選んでも生産時にその素材が入手できなくて量産できなくなってしまいますので、生産時のことも考えてデザインにビタッとくる素材を選んでいきます。

特に生地の色は悩みますねぇ。。ฅ^・ω・^ ฅ


ではでは、次は<4.撮影する>につづく


📷生地を選んでいる様子

(この生地の見本帳のことをスワッチという)


35回の閲覧

​⁽⁽ଘ Ta ଓ⁾⁾